第15回技能グランプリ

「人間は何のために生まれ何のために生きるのか」
その本質を今、見い出す時代に来ているのではないだろうか。 太陽の塔をモチーフに力強く生きる人間と大自然を表し湾曲した赤は、人間のエゴイズムで侵される心と自然の叫びをイメージ。
どこまでも延長する鎖は、現代社会の利便性の陰に潜む不安や束縛・××そして失われようとしているヒューマニズムを表現。
”蝶”=「やさしさ・愛」=「人間の本質」
鈍く光る××に”蝶”がとまった瞬間、それは人と人の友愛と平和への×へ変貌するのである。
「やさしさ・愛 それは真の平和へのアプローチ」